皐月形成クリニックで包茎手術を受けた内緒の告白

包茎手術の料金

 

包茎手術の料金

 

包茎手術を行う上で重要となるのが料金だと思います。僕も色々とネットで調べてみて、納得できる料金の所を選びました。クリニックによっても費用は異なるため、しっかりと下見は行ったほうが良いです。また、手術方法によっても費用は異なり、一概にいくらで納まるとは言ないのが実状です。気になるクリニックを見つけたら、後はカウセリングを受けて具体的な費用を聞いてみてください。手術方法によっては思っていたよりも高額になるケースもあります。

 

 

包茎手術は自由診療

 

まず知っておかなければならないのが、包茎手術は自由診療だと言うことです。健康保険は適用されず、費用は一般的な病院でかかる治療費より高額になりがちです。最低でも10万円は見ておいたほうが良く、多くでも20万円〜30万円程度用意しておくと安心です。良心的な費用のところでは10万円以下で治療が受けられる所も多いです。その他亀頭増大など他の手術方法も組み合せると、プラス10万円以上かかるケースもあります。

 

僕が選んだ所は5万円ほどと費用も比較的お手ごろで、更にお願いするに値するクリニックだと感じたため選びました。

 

 

皐月形成クリニックでの包茎手術

 

僕が包茎手術を受けたのは、皐月形成クリニックというところです。梅田院は、大阪駅から歩いて5分くらいのビルにあります。実際、クリニックを決めるにあたっては、迷いに迷いました。特に包茎手術のクリニックとなると、恥ずかしさからか、ネット上にも、役に立つ口コミがあまりありません。僕は、大阪でクリニックを探していたので、ABCクリニックとかノースタワーとかいろいろ選択肢はあったのですが、結局、梅田で見たことのあるクリニックということで、皐月形成クリニックに決めました。

 

 

仮性包茎手術の選択

 

実際、僕は、仮性包茎といってよい陰茎の状態でした。
皐月形成クリニックの手術は、裏筋を残すか残さないかで、料金がだいぶ違ってきます。裏筋を残す最高技術の手術方法、マイクロVカット法やナチュラルカット法だと料金が20万〜40万程度になると説明され、裏筋を切除するセンターカット法、マクロカット法であれば、数万円の手術となるそうです。
迷いましたが、美容外科用の細い糸で縫って、剥ける癖をつける「切らない包茎手術」というのがあることを説明され、その方法であれば、5万円以内ですべての治療ができるということでした。幸い、僕の陰茎の状態は、この手術でも対応ができるということだったので、この「切らない包茎手術」を受けることにしました。

 

 

手術と術後

 

手術の当日は、とても緊張しましたが、実際、「えっ、これで終わりなの?」という感じで手術は終わりました。痛みもほとんど感じませんでした。
この方法での包茎治療は、抜糸の必要もなく、術後のケアもほとんどする必要がありません。もともと仮性包茎だった僕ですが、今は、むき癖がついて常に亀頭が露出している状態となりました。こんなに簡単に仮性包茎が治るなら、もっとはやく治療をしておけばよかったと思っています。

 

 

しっかり相談すること

 

私の場合は、仮性包茎でしたので、簡単な治療で済みましたが、包茎で悩んでいる方の中には、真正包茎の方は、急を要するカントン包茎の方などいらっしゃるかと思います。
大事なことは、包茎専門のクリニックで、現在の状態を診察してもらい、どの手術が適性なのか経験豊富な先生にしっかり判断してもらうことです。
日本人男性の約7割が仮性包茎であるという記事を読んだことがあります。
仮性包茎は別に健康上、問題はないと言いますが、治療を終えた僕の意見としては、仮性包茎の手術はとても簡単なので、ぜひ治療を受けて、被っている包皮を割愛することをおすすめします。まずは、クリニック選びですね。

 

 

僕が包茎治療をしたクリニック

 


大きな地図で見る